素のままに

長野 麻紀子

エルダーフラワーコーディアル

2020.05.17

編集者記
エルダーフラワーって、ご存知ですか?
西洋ニワトコとも呼ばれ、日本でもコーディアルとして少しずつ知られてきました。
デンマークでは、初夏のポピュラーな飲み物であり、仕込みのシーズン。

イギリスに4年程を暮らしたことのある長野麻紀子さんが、ご自宅の庭にエルダーフラワーを植えられて数年。
自家製エルダーフラワーシロップつくりをされています。
Stay homeの日々、ぜひ皆様にそのレシピを!
とお願いしましたら、こんなに素敵な画像と共にご寄稿くださいました。
少しの花房からでも作れるうれしいレシピです。

どうぞ!

+++

エルダーフラワーコーディアル

初夏になると、ニワトコの白い鞠のような小花がいくつも裏庭に揺れるようになります。
この繊細な花の香りをコーディアルに移しとり、炭酸水などで割っていただくエルダーフラワーのドリンクは、初夏のイギリスや北欧でよく飲まれます。

夏バテ防止にと毎年仕込む梅ジュースと、どこか似ているかもしれません。

<材料>
新鮮なエルダーフラワー:5房くらい あれば、もっと入れても。
水:1カップ (200cc)
砂糖:100g
レモン:1個

<作り方>

⒈ 新鮮なエルダーフラワーを摘んで、空中もしくは水中で軽く振って、虫やゴミをきれいに落とす。

⒉ レモンをスライスする。レモンは無農薬のものが断然風味が良い。無農薬レモンが手に入らない場合は、ワックスのついた皮は全て剥いて、身だけ使う。

⒊ 鍋に水と砂糖を入れ、中火にかけてかき混ぜずに煮溶かす。ふつふつ沸騰しはじめたら、木べらで静かにかき混ぜながら1分。レモンを加え、火を消す。

⒋ ひと呼吸おいたら、鍋のうえでエルダーフラワーの花びらとしべを茎から外し、液に落としていく。

⒌ ふたをして、冷暗所に丸一日置いておく。

⒍ ザルか布で濾し、煮沸消毒しておいたきれいな瓶に詰める。

保存は、冷蔵庫で約1ヶ月程度、冷凍可能な容器で冷凍しておけば、年中楽しめます。

おまけ
残ったレモンと花は、ジップロックで平たくして冷凍しておき、暑い夏の間、氷代わりに水に浮かべてレモンとニワトコのドリンクに。

西洋ニワトコ Sambucus Nigra

レンプクソウ科ニワトコ属の落葉樹。英名エルダー。和名は西洋接骨木。
葉、茎、花に薬効があり、古より薬用とされる。食べられるのは、花と加熱した実。

*茎、幹、葉、根、未熟の果実、種は、食べられない。
エルダーベリーは、生だとアルカロイド系化合物が含有され食中毒の危険性あり。加熱により食用に適するようになる。


Writer

  • 長野 麻紀子
  • 長野麻紀子
  • 国際基督教大学教養学部理学科にて生物を学んだのち渡英。
    ロンドン大学ゴールドスミスカレッジ ファインアート科卒。
    Anima uni として、金属と石を中心に、肌にまとうちいさなアートとしてのジュエリーを手掛ける。
    好物はエビ。

  • もっと読む

メルマガ登録